TOSS授業技量検定

TOSSは、これまで「自称名人」が通用していた教育界に、初めて明確な「教師の技量」の目安を示しました。
それが、TOSS授業技量検定です。

TOSSについて

Teacher's Organization of Skill Sharing

TOSSは日本最大の教師による研究団体です。

授業・教育にすぐに役立つ教育技術・指導法を開発し、集め、互いに追試し、
検討しあって自らの授業技術を高め、そのような技術や方法を全国の教師の共有財産にしようと
努める日本最大の教育研究団体です。

TOSSについて知る

TOSS授業技量検定とは

教師の技量を測る信頼のライセンスシステム

TOSSは、これまで「自称名人」が通用していた教育界に、初めて明確な「教師の技量」の目安を示しました。
それが、TOSS授業技量検定です。教師が子ども役の教師相手に模擬授業をし、それを腕のある教師が審査。
39級から十段までに49段階があり、それぞれに明確な審査基準を設けています。
授業の技量を上げるのは、一つ一つの授業の蓄積であるため、経験を積めば誰でも技量は上がります。
しかし、そのなんとなくな成長角度に子供たちを巻き込むわけにはいきません。
目標を持ち、正しい努力を積むことが必要です。
志高く日々の鍛錬を惜しまない教師たちの一つの指標としてこのTOSS授業技量検定が利用されています。

  • 向山先生の動画メッセージ Video message
  • セミナー開催情報

猿飛検定について

TOSS猿飛検定 向山洋一からのメッセージ