受検の流れ

受検希望の方

1

セミナーへの申し込み

参加したいセミナーへ申し込みを行ってください。セミナー開催状況は下記よりご確認いただけます。
※すべてのセミナーで検定が開催されるわけではありません。

 
2

検定へ立候補

申し込んだセミナーにて検定の授業が募集された際、立候補してください。

 
3

指導案の作成

各検定セミナー開催事務局の情報をもとに、指導案を作成してください。
その際、「過去三回分の受検記録」を明記してください。記載されていいない場合、受検できないこともあります。

  • 例:【規定に反していない事例】
  • 2013年8月1日向山型国語教え方教室・国語「向山型討論の授業」C表受検(22級→15級)
  • 2013年12月22日一門検定・外国語「英語で世界に発信」C表受検(15級→12級)
  • 2014年7月2日関西セミナー・総合「日本復興」B表受検(12級→8級)
  • 2015年8月22日一門検定立候補・総合「ラグビーワールドカップ2019」B表立候補(8級)
 
4

受検

当日検定セミナーにて受検します。
必要費用については、下記ページをご参照ください。

 
5

検定結果確認

検定セミナー開催後、1ヶ月程度で当ホームページ上で結果が公開されます。
更新されない場合は、検定セミナー開催事務局にお問合せください。

 
6

認定カード及び認定証の申請(希望者のみ)

認定カードや認定証の発行を希望される方は、下記のフォームより申請してください。
なお、発行には料金が発生しますので、ご確認の上申請をお願いいたします。

セミナーを主催したい事務局の方

1

検定セミナー開催申請

検定セミナーを開催するには、『TOSS授業技量検定セミナー事務局』(以下「検定事務局」という)への申請が必要です。
開催事務局は、開催1ヶ月前までに必ず申し込みを行ってください。
その他、検定セミナー開催にあたってのルールは、このホームページの要項をよくお読みください。

2

検定セミナー開催

検定セミナー開催の諸注意や対応項目等詳細については、検定事務局から送信されるメールをご確認ください。

3

検定結果報告

検定セミナー開催事務局は、検定セミナー終了後、直ちにその結果を検定事務局に報告してください。
受検者個人での申請は行わず、事務局が一括して行うこととします。